貸金業者、銀行に限らず、即日融資は申込条件に「満20歳以上」となっていることがほとんどです。しかし未成年であっても就職してしっかり収入がある人もたくさんいます。そういう人であっても即日融資は利用できないのでしょうか。


<なぜ未成年は借金ができないの?>

未成年者はそもそも契約能力がなく、保護者の助けが必要とされています。即日融資であれ、お金を借りるということは「契約」ですので、未成年は締結することができないのです。未成年者が勝手に行なった契約は無効であり保護者が取り消しを行うことができます。契約の取消でその契約自体が消滅しますので、お金を借りるという契約であれば使ってしまっていた場合、返還する必要もないということになるのです。貸金業者は未成年に貸付を行ってはならないことになってます。親が保証人となっていれば可能ですが、「子どもが勝手に保証人欄に記入する」などの問題が、過去には多々発生していました。ややこしい契約を行うよりは満20歳からとしたほうがスムーズです。そのため学生専用キャッシングを除いて、貸金業者は満20歳からを利用条件にしているのです。学生(高校生をのぞく)であれば自分の判断で即日融資を利用することもできますが、未成年の社会人では即日融資の利用はまずできないと考えられます。